1月 2018

12月6日(水)、京のブランド産品を使った料理を提供する「旬の京野菜提供店」の料理人と京野菜を取り扱う「ほんまもん京野菜取扱店」が「堀川ごぼう」と「京壬生菜のほ場を見学しました。堀川ごぼう・京壬生菜の生産者との交流を通じて、安心・安全にこだわった生産の状況や栽培方法と栽培技術の体験を通じて京のブランド産品に対する認識を深めていただきました。 ◆参加者からは 1 堀川ごぼうは京都独特の産品なので育て方や仕上げに苦労されていることが良くわかり、お客様との会話が膨らみそうです。 2 京壬生菜は生産量の多さ、作業のスピーディーさに驚きました。品質はもちろんのこと、お客様に安心してオススメできます。 3 堀川ごぼうがあんな山奥で生産者が丹精込めて作っているのを見られて良かったです。 4 京壬生菜は実際に自分のお店にも並べてあって、すごく苦労して作られているのでびっくりしました。 5 堀川ごぼうの料理が食べたかったです。 6 今回の産地見学会で京野菜に対する認識が広がりました。素材の産地、特性をみて料理に展開することが料理人の本文だと思います。 等々の感想がありました。 ◆日時:平成29年12月6日(水)午前8時~午後5時10分 ◆参加者数:12名 ◆現地見学先及び内容 (1)「堀川ごぼう」 JA京都にのくに 大江特産部会(倉橋愿氏)ほ場見学 [caption id="attachment_17597" align="alignnone" width="400"] 倉橋さんの話を聞く参加者[/caption] [caption id="attachment_17598" align="alignnone" width="400"]堀川ごぼうの収穫作業を見る参加者[/caption] (2)旬の京野菜提供店で昼食(綾部市 料亭 ゆう月) [caption id="attachment_17599" align="alignnone" width="400"]京野菜を使った料理を試食[/caption] (3)「京壬生菜」 綾西農業法人協議会(株式会社農夢)ほ場見学 [caption id="attachment_17600" align="alignnone" width="400"]京壬生菜の栽培について話を聞く参加者[/caption]...

平成29年12月28日 (公社)京のふるさと産品協会    11月25日(土)~26日(日)の2日間、「第47回京都府農林水産フェスティバル2017」を開催し、成功裏に終了しました。  会場は農林水産業者と消費者の交流の場となるとともに、府内の農林水産業や京都府の施策、各地の特産物が紹介され、消費拡大につながる絶好の機会となりました。  ご協力いただいた関係者(機関)に心から御礼申し上げますとともに、その概要を下記のとおり報告します。   記 1 開催日  11月25日(土)~26日(日) 2 会  場  京都パルスプラザ 3 出展者数  生産者・加工グルーブ他107団体(内初参加:15グループ) 4 来場者数  42,000人 (前年44,000人) 5 売上実績   3,100万円(前年3,000万円) 開場を待つ消費者 来場者に挨拶するまゆまろ 京野菜クイズ 模擬セリ ビンゴゲーム 産品協会ブース 賑わう会場 行列ができる豆販売ブース 野菜ソムリエ試食会 ...