平成30年度事業報告及び収支決算について

1 処理事項

月日 内容 場所等

4月8日

9日

15日

16日

17日

18日

 

24日

25日

26日

27日

京都南部総合地方卸売市場一般公開

朝堀たけのこ初競り

第5回松尾大社 酒—1グランプリ出展

野菜等経営安定対策事業新規加入相談会

園芸関係連絡調整会議

「丹後とり貝」「丹後ぐじ」検査打合せ会議

野菜等経営安定対策事業説明会

特産物育成協議会事務局会議

JA京都にのくに万願寺甘とう部会協議会役員会

ブランド30周年記念販売促進企画店舗依頼

ブランド30周年記念販売促進企画説明会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏4回))

(市場調査(毎週))

京都南部総合地方卸売市場

京都市中央卸売市場

松尾大社

JA京都間人支店

京都府庁

京都府漁協宮津支所

JA京都丹波支店、野田川支店

JA京都中央会

JA京都にのくに本店

首都圏百貨店

東京青果(株)

首都圏

 

 

首都圏

京都市中央卸売市場

5月9日

17日

21日

 

 

22日

24日

29日

30日

31日

 

 

特産物育成協議会事務局会議

監事監査(及び21日)

京のおもてなし企画・産地取材(しろ菜)

万願寺甘とう初出荷・出発式

 

万願寺甘とう初競り

京山科なす京漬物打合せ会議

第1回理事会

京のおもてなし企画・産地取材(伏見とうがらし・賀茂なす)

特産物育成協議会幹事会

特産物育成協議会事務局会議

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏2回))

(市場調査(毎週))

JA京都中央会

産品協会・JA京都にのくに

JA京都中央大原野支店

JA京都にのくに万願寺甘とう舞鶴選果場

京都市中央卸売市場

京都青果合同(株)

ルビノ京都堀川

JA京都亀岡中部支店・美山支店

JA京都中央会

JA京都中央会

首都圏

 

 

首都圏

京都市中央卸売市場

6月8日

11日

13日

14日

15日

18日

21日

 

25日

28日

加工・業務用野菜生産基盤強化支援事業実地調査(機構)

京都市観光協会総会

JA京都丹波くり部会第17回通常総会

「京の米で京の酒を」推進会議

京都府観光連盟総会

輸出促進協議会京野菜部会実務者会議

第46回定時総会、第2回理事会

京夏ずきん早期出荷作型検討会議

JA京都京野菜部会亀岡支部賀茂なす部会出荷会議

京山科なす京漬物説明会

京たんごメロン初競り

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏7回))

(市場調査(毎週))

獣医畜産会館

ANAクラウンプラザホテル京都

JA京都本店

ルビノ京都堀川

京都東急ホテル

京都青果合同(株)

ホテルセントノーム京都

京都府農林センター

JA京都亀岡中部支店

京都青果合同(株)

京都市中央卸売市場

首都圏

 

 

首都圏

京都市中央卸売市場

7月9日

10日

12日

13日

16日

17日

20日

 

24日

特産物育成協議会事務局会議

長岡京花菜部会総会

JA京都にのくに万願寺甘とう部会協議会役員会

京野菜機能性活用連絡会総会

「京のおもてなし企画2018夏」開始(〜8/31)

京夏ずきん出荷会議

特産物育成協議会本会議

野菜等経営安定対策事業研修会

京夏ずきん初競り

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏3回・近畿圏19回))

(市場調査(毎週))

JA京都中央会

乙訓農業構造改善センター

JA京都にのくに本店

日航プリンセス京都

京都府内、東京

京都府農林センター

烏丸御池ビル

JA京都瑞穂支店

京都市中央卸売市場

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

8月9日

20日

21日

22日

23日

24日

27日

28日

30日

JA京都丹波くり部会視察研修会(〜10日)

京都府農林水産フェスティバル実行委員会総会

京都府農林水産フェスティバル担当者会議

収入保険制度導入に伴うJA向け価格安定対策事業説明会

立命館大学生調査対応

紫すきん出荷会議

紫すきん卸向け出荷会議

京都府農林水産フェスティバル担当者会議

京たんご梨初競り

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏3回・近畿圏21回))

(市場調査(毎週))

岐阜県

全農京都府本部

京都府公館

JA京都やましろ久御山支店

京都府農林センター

産品協会

京都府農林センター

京都青果合同(株)

獣医畜産会館

京都市中央卸売市場

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

9月1日

6日

7日

 

11日

 

12日

19日

 

20日

21日

 

25日

26日

28日

子どももよろこぶ京野菜レシピコンテスト審査会

ブランド認証審査会青果・農産合同部会

特産物育成協議会事務局会議

紫ずきん初競り

園芸関係機関連絡調整会議

京のおもてなし企画会議

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会

広島県福山市立大学調査対応

特産物育成協議会地域巡回(丹後・中丹)

特産物育成協議会地域巡回(南丹)

「おあがりやす京都2018」京都産の和牛、お酒、お野菜が大集合」事務局会議

京のおもてなし企画・京都府内産食材商談会

特産物育成協議会地域巡回(山城)

ブランド認証審査会総合審査会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏1回・近畿圏13回))

(市場調査(毎週))

京の食文化ミュージアムあじわい館

全農京都府本部

獣医畜産会館

京都市中央卸売市場

京都府庁

全農京都府本部

ルビノ京都堀川

産品協会

 

 

全農京都府本部

 

ホテルセントノーム京都

 

獣医畜産会館

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

10月5日

6日

 

11日

17日

18日

19日

25日

30日

31日

第2回丹波くり(丹波栗)広域品評会

野菜ソムリエコミュニティ京都会議

輸出促進協議会梨PR(〜9日)

京のおもてなし企画・担当者会議

園芸関係連絡調整会議

輸出促進協議会事務局会議

京都府農林水産フェスティバル第2回担当者会議

豆類価格安定対策事業視察調査(北海道)対応

JA・JF合同商談会

丹後水産物ブランド推進協議会丹後とり貝部会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏1回・近畿圏13回))

(市場調査(毎週))

南丹市国際交流会館

産品協会

台湾(遠東SOGO)

全農京都府本部

京都府庁

京都青果合同(株)

獣医畜産会館

獣医畜産会館

大阪ATCホール

京都府水産事務所

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

11月1日

 

2日

 

3日

4日

 

 

12日

13日

15日

19日

20日

24日

27日

29日

 

ブランド力強化セミナー

キッコーマンライブキッチン(ブランド産品PR)(〜30日)

京のブランド戦略会議(第1回)

第57回実りのフェスティバル(〜3日)

「京の米で京の酒を」きき酒・販売会(〜4日)

野菜ソムリエコミュニティ京都研修会

平成30年度動物感謝デーin京都(ブランド産品PR)

留学生京野菜コンテスト特別料理講習会

イタリア料理展示大会(ブランド産品PR)(〜13日)

園芸関係連絡調整会議

久御山町聖護院だいこん出荷会議

京のおもてなし企画会議

東京で活躍する京都人の集い(京の酒PR)

京都府農林水産フェスティバル(〜25日)

京野菜マルシェ説明会(府内)

京野菜マルシェ説明会(府内)

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、豊洲市場、大田市場等訪問))

(市場調査(毎週))

京都府水産事務所

東京(有楽町)

ホテルセントノーム京都

池袋サンシャインシティ

JRA京都競馬場

獣医畜産会館

味夢の里

大阪ガス「デリィパ」

ANAクラウンプラザホテル京都

京都府庁

JA京都やましろ久御山支店

全農京都府本部

東京(ホテルグランドパレス)

パルスプラザ

峰山・久美浜

京都市内

首都圏

 

 

京都市中央卸売市場

12月1日

 

2日

3日

4日

5日

8日

11日

13日

18日

 

20日

京料理卸売協同組合「京野菜料理教室」(ブランド産品PR)

京都府農林センター「食とみどりのサイエンスなう」

第28回JA京都府大会

岩手県盛岡第一高校調査対応

京野菜マルシェ説明会

特産物育成協議会事務局会議

第8回クッキングワールドカップ

JA京都にのくに万願寺甘とう部会協議会役員会

第113回京料理展示大会(〜14日)

JA京都京野菜部会亀岡支部賀茂なす部会反省会

園芸関係連絡調整会議

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会

京都府農林水産フェスティバル反省会

紫ずきん反省会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、豊洲市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏4回・近畿圏2回))

(市場調査(毎週))

京の食文化ミュージアムあじわい館

梅小路公園「緑の館」

リーガロイヤルホテル京都

産品協会

京都市内

JA京都中央会

大阪ガス「ディリパ」

JA京都にのくに本店

みやこめっせ

JA京都亀岡中部支店

京都府庁

ルビノ京都堀川

京都府庁

京都府農林センター

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

1月5日

 

10日

15日

16日

17日

23日

25日

26日

27日

 

30日

 

31日

京都市中央卸売市場初市式

京都南部総合地方卸売市場初市式

特産物育成協議会事務局会議

長岡京花菜部会出荷目合わせ会

「京のおもてなし企画2019早春」開始(〜2/28)

平成30年度花菜ブランド出荷現地検討会

京のブランド産品PRワークショップ(首都圏)

福岡市中央卸売市場京野菜PR

JA京都にのくに生産振興大会

ブランド戦略30周年記念式典

第2回京のブランド戦略会議(パネルディスカッション)

京のおもてなし企画「食材セミナー」

園芸関係連絡調整会議

京都府農林センター成績報告会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜京野菜取扱店(候補店)、豊洲市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏1回・近畿圏31回))

(市場調査(毎週))

京都市中央卸売市場

京都南部総合地方卸売市場

JA京都中央会

JA京都中央乙訓支店

京都府内、東京

京都青果合同(株)

ABCクッキングスタジオ丸の内

福岡市中央卸売市場

JA京都にのくに本店

KBS京都ホール

 

たん熊北店二子玉川店

京都府庁

京都府農林センター

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

2月2日

7日

11日

13日

14日

18日

19日

 

23日

 

25日

京都府南丹広域振興局「グルメの集い」(ブランド産品PR)

平成30年度京のブランド産品産地見学会(聖護院だいこん、花菜)

きょうとキッズアップフェスタ2019(ブランド産品PR)

特産物育成協議会事務局会議

京都府監査委員事務局監査

京都府食品産業協議会新春研修会

錦市場感謝祭(ブランド産品PR)

園芸関係連絡調整会議

和食文化学会第1回研究大会にて京野菜や京の酒をPR

(〜2/24)

万願寺甘とう舞鶴部会総会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、豊洲市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏6回・近畿圏22回))

(市場調査(毎週))

京都ブライトンホテル

久御山町・八幡市

ザ・サウザンドキョウト

獣医畜産会館

獣医畜産会館

ANAクラウンプラザホテル京都

錦市場

京都府庁

京都府立京都学・歴彩館

京都平安ホテル

舞鶴西市民プラザ

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

3月1日

5日

 

7日

12日

 

14日

 

18日

19日

 

20日

 

 

22日

26日

28日

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会

ブランド認証審査会青果・農産合同部会

ブランド認証審査会林産部会

特産物育成協議会事務局会議

旬の京野菜提供店(東京エリア)認定式

JAグループ商談会

特産物育成協議会幹事会

京野菜機能性セミナー2019

園芸関係連絡調整会議

ブランド認証審査会総合審査会

京のブランド戦略会議(第3回)

JA京都賀茂なす部会30周年記念式典

京野菜マルシェディスプレイコンテスト表彰式

JA京都やましろ聖護院だいこん出荷組合反省会

京のおもてなし企画会議

輸出促進協議会京野菜部会事務局会議

「京のブランド産品30周年記念感謝状」の贈呈

(ブランド化に貢献の藤田 正、田中 大三、高垣 吉正の各氏)

第3回理事会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、豊洲市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏2回・近畿圏5回))

(市場調査(毎週))

京都府公館

全農京都府本部

全農京都府本部

JA京都中央会

都道府県会館

東京国際フォーラム

獣医畜産会館

ホテル日航プリンセス京都

京都府庁

獣医畜産会館

獣医畜産会館

亀岡市内

ゼスト御池

JA京都やましろ久御山支店

全農京都府本部

京都青果合同(株)

ルビノ京都堀川

 

ルビノ京都堀川

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

2 総会

定時総会

開催年月日 開催場所 会員数 出 席 者 数
本 人 委任状  計
30年 6月21日 ホテルセントノーム京都 45名 27名 18名 45名

下記議案は、いずれも原案どおり承認可決された。

  • 第1号議案

    平成29年度事業報告及び収支決算の承認について

  • 第2号議案

    業務方法書の一部改正の承認について

  • 付帯決議

    第2号議案については、行政庁の指示等により変更を必要とするときは、その趣旨に反しない範囲内でその変更を理事長に委任願いたい。

  • 第3号議案

    平成30年度会費及び負担金の賦課徴収方法の決定について

  • 第4号議案

    余裕金の預入先金融機関の決定について

  • 第5号議案

    役員の選任について

  • 報告事項

    ・平成30年度事業計画及び収支予算
    ・ブランド戦略の方向性について

3 理事会

(1) 第1回理事会

開催年月日 開催場所 理事数 出 席 者 数
理事 監事  計
30年 5月29日 ホテルルビノ京都堀川 9名 7名 1名 8名

協議事項

  • 平成29年度事業報告及び収支決算について

  • 業務方法書の一部改正について

  • 余裕金の預入先金融機関について

  • 役員の候補者について

  • 事務局職員の異動について

  • 第46回定時総会の開催について

(2) 第2回理事会

開催年月日 開催場所 理事数 出 席 者 数
理事 監事  計
30年 6月21日 ホテルセントノーム京都 10名 6名 0名 6名

協議事項

  • 役員の互選について

(3) 第3回理事会

開催年月日 開催場所 理事数 出 席 者 数
理事 監事  計
31年 3月28日 ホテルルビノ京都堀川 10名 6名 1名 7名

協議事項

  • 平成31年度事業計画及び収支予算について

  • 平成31年度会費及び負担金の賦課徴収方法について

  • その他報告事項
    ・平成30年度事業実施状況等について
    ・京のブランド戦略検討のまとめについて

4 ブランド認証審査会

(1) 総合審査会

① 第1回総合審査会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
30年 9月28日 京都獣医畜産会館 8名 6名

内  容

  • 認証審査会専門部会(青果・農産専門部会)報告について

  • ブランド産地の新規及び更新について

  • その他(活動状況報告等)

② 第2回総合審査会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
31年 3月19日 京都獣医畜産会館 8名 5名

内  容

  • 認証審査会(青果・農産・林産専門部会)報告について

  • ブランド産地の更新について

  • その他(活動状況報告等)

(2) 青果部会

① 第1回青果部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
30年 9月 6日 全農京都府本部 5名 5名

内  容

  • ブランド産地の新規及び更新について

  • 京マーク使用許諾の更新について

  • その他

② 第2回青果部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
31年 3月 5日 全農京都府本部 5名 5名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • その他

(3) 農産部会

① 第1回農産部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
30年 9月 6日 全農京都府本部 6名 6名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • その他

② 第2回農産部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
31年 3月 5日 全農京都府本部 6名 6名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • 京マーク使用許諾の新規及び更新について

  • その他

(4) 林産部会

① 第1回林産部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
31年 3月 5日 全農京都府本部 6名 6名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • その他

5 業務の概要

ブランド推進事業

ブランド推進事業については、これまでの取組の成果等をふまえ、①ブランド認証 ②情報収集・提供 ③普及啓発 ④相談・指導の4つの事業を柱として、府内産農林水産物の市場競争力の強化と消費啓発に努めた。
また、ブランド対策30年の節目を迎え、「京マーク」のさらなる認知度の向上と京のブランド産品結集力の強化に向けた取組を推進した。
生産に大きな影響を与える気象状況は、8月下旬から9月の短期間のうちに数度にわたる台風の襲来があり、府内全域でハウス倒壊や冠水等大きな被害が発生した。このため、冠水等被害の影響を受けた九条ねぎ、京みず菜、万願寺甘とうなどは、夏から秋にかけ出荷等の大きな減少となった。聖護院だいこんは、出荷量が前年を上回る結果となったが、単価が大きく低下し、出荷額が減少した。花菜は、暖冬の影響を受け、出荷量が前年を大きく上回った。豆類については、夏場の高温干ばつ、その後の多雨の影響を受け、黒大豆新丹波黒が前年を大きく下回る出荷量となった。
加工品を除く出荷量は、2,009t(前年度比82%)と前年を下回り、kg当たりの単価は738円(前年度比110%)で前年を上回り、出荷額は14億8,324万円(前年度比90%)となった。なお、加工品を含めた京のブランド産品全体の出荷額は、16億4,505万円(前年度比88.2%)で前年度を下回った。
首都圏出荷額は2億円(前年度比82% 一般野菜を含む。)で前年度を下回った。

(1)ブランド認証事業

 京のブランド産品の付加価値を一層高め、差異化を図るため、京都こだわり生産認証制度の的確な運用を通して、安心・安全な農林水産物生産をPRし、京のブランド産品の販路確保と有利取引に努めた。
また、府特産物育成協議会と連携しながら、市場において定期的にブランド産品の規格・品質検査を行い、結果を産地に返すことによりブランド認証品目の品質向上に努めた。
  • ブランド認証品目:31品目(加工品2品目を含む。)、許諾品目:3品目、ブランド指定産地:118産地
  • ブランド認証審査会の開催(7回(総合審査会2回、専門部会5回))
    • ブランド産地指定等に係る審査
      新規産地  1品目 1産地
      更新産地 12品目15産地
    • 京マーク使用許諾
      「かぶスープ」 更新
      「京の酒」 新規 2社 2銘柄、更新 13社 28銘柄
  • 京都こだわり生産認証制度検査実施状況
    履歴提出生産者 5,179件
    うち検査実施数 5,179件 (検査不合格0件)
  • 市場検品調査の実施 64回

 

(2)情報収集・提供事業

 京のブランド産品に対する取組への支援を行うため、産地づくりに役立つ市場情報や店舗での販売情報を提供するとともに、生産者や産地関係者と消費者とをつなぐ役割に努めた。
また、マスメディアへの情報提供や、京のブランド産品の普及・啓発の番組、記事作りに積極的に協力を行った。
  • 情報誌の発行
    「元気印」(2回)
  • ホームページ等を活用した情報提供
    • ホームページ「京野菜.kyoto」の運営
    • 外国語(英語・中国語)での発信
    • スマートフォン対応
  • マスコミへの情報提供と情報発信
  • 旬のブランド産品、京マークの知名度向上PR
    • 「月刊京都」8月号及び2月号に広告掲載
  • マスコミへの情報提供と取材協力等
    • 新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等の取材対応及び協力
    • その他情報誌への資料提供、取材協力等

(3)普及啓発事業

 京のブランド産品をはじめとする府内産農林水産物の購買意欲の高揚と、消費拡大を図るため、京都府内、近畿圏、首都圏を中心に、試食宣伝等の様々な普及啓発活動を行った。
  • 「ほんまもん京野菜取扱店」
  • 取り消し 首都圏3店舗(閉店による。)
    近畿圏1店舗(閉店による。)
    (平成31年3月31日現在:首都圏:25店舗、近畿圏:24店舗 計49店舗)

 

  • 首都圏・近畿圏を中心とした消費宣伝<京野菜の試食宣伝>
  • 消費宣伝活動(京野菜マルシェを含む。)
    • 消費宣伝活動実施回数
      首都圏:延べ 34店舗(前年度:延べ 46店舗)
      近畿圏:延べ126店舗(前年度:延べ190店舗)
  • 京野菜マルシェ
    • 消費宣伝活動実施回数(上記消費宣伝活動の内数)
      首都圏:延べ23店舗(前年度:延べ24店舗)
      京都府:延べ48店舗(前年度:延べ50店舗)

 

  • 「旬の京野菜提供店」
  • 認定
    東京都特別区内11店を新規認定、閉店により2店を認定取消
    京都府内1店を閉店により認定取消
    (平成31年3月31日現在:京都192店、東京75店 計267店)
  • ガイドブックの配布
  • 「京のおもてなし企画」の実施
    ブランド産品の京野菜をはじめとする府内産農林畜水産物を取り合わせたコース料理を提供する企画を実施

    • 夏季:7月16日~8月31日実施 参加 135店(内、提供店71店)
    • 早春:1月16日~2月28日実施 参加 118店(内、提供店62店)

 

  • 京野菜等の普及啓発(首都圏等での「京の食材紹介セミナー」等の実施)
  • ABCクッキングスタジオ「京野菜セミナー」
    開催日)31年1月23日(水)
    会場等)ABCクッキングスタジオ・丸の内スタジオ
    (内  容)旬の京都産食材の紹介、料理実演及び試食会
    対象者)一般消費者
    (紹介食材)花菜、えびいも、聖護院だいこん、丹後とり貝、京の肉等
  • 「京野菜お試しの会」開催
    開催日)31年1月
    会場等)ABCクッキングスタジオ 5スタジオ
    (首都圏4カ所、福岡1カ所)
    (内  容)旬の京都食材の料理紹介、試食会
    対象者)ABCクッキングスタジオ受講生等
    (紹介食材)花菜、京都米
  • 京のおもてなし「食材紹介セミナー」
    開催日)31年1月30日(水)
    会場等)たん熊北店二子玉川店(旬の京野菜提供店)
    (内  容)旬の京都食材の紹介及び試食会
    対象者)マスコミ関係者、旬の京野菜提供店等(東京エリア)
    (紹介食材)花菜、えびいも、九条ねぎ、京鰆、京の肉等
  • 「子どももよろこぶ京野菜レシピコンテスト」開催
    (募集期間)30年7月2日〜31日
    (実食審査会)30年9月1日(土)
    会場等)京の食文化ミュージアムあじわい館
    (内  容)子育て世代への京野菜PRを目的として開催

     インターネット上でレシピの募集と人気投票を行い、応募のあった52レシピから投票数上位のものについて実食の審査会を開催
    最優秀賞 九条ねぎたっぷり衣笠ドリア/万願寺甘とうの焼きライスコロッケ
    優秀賞  チーズ万願寺甘とうの甘辛肉巻

    賀茂なすと豚のトロトロ丼
  • 福岡での京野菜セミナー
    開催日)31年1月25日(金)
    会場等)福岡大同青果
    (内  容)旬の京都食材の紹介及び試食会
    対象者)福岡の卸売業者、小売業者
    (紹介食材)京みず菜、京壬生菜、花菜、九条ねぎ、聖護院だいこん、しろ菜

 

  • 京野菜等の普及啓発(その他)
  • 第8回京都留学生クッキングワールドカップ
    留学生による京野菜を使用した母国料理のコンテストを京都府などと共催
    (開 催 日)12月8日(土) 大阪ガスディリパ京都(下京区)
    (参 加 者)京都府内の外国人留学生8チーム
    (特別審査員)京都府知事等5名
    (一般審査員)府内在住の親子など19組・47名
  • ブランド産品のPRと消費啓発資材等の作成・配布
    ブランド産品の普及啓発のための小冊子、ポスター、パンフレット等を作成・配布
  • 京野菜マイスターへの活動支援
    京野菜マイスターに対して、京野菜の伝道師としての活動(研修講師、PR活動、現地案内、イベント協力等)を支援
    平成31年3月31日現在 21名
    (生産部門:7名、流通販売部門:6名、料理部門:8名)
  • ブランド産品産地見学会の開催
    旬の京野菜提供店やほんまもん京野菜取扱店を対象に開催
    開催日:平成31年2月7日(木)
    参加者:12名
    見学産地:久御山町(聖護院だいこん)、八幡市(花菜)
  • 「第5回松尾大社酒−1グランプリ」へのブース出展
    平成30年4月15日(日)
    お酒の神様が奉られている松尾大社で開催された「酒−1グランプリ」に出展し、「祝・京の酒」などをPR
  • 協賛・後援、京野菜の提供等
  • 各種イベントでのブランド産品をはじめとする京野菜等のPR
    • JA・JF合同商談会で京のブランド産品をPR(10/30 ATCビル)
    • キッコーマンライブキッチン(東京有楽町)における京のブランド産品PR(11月)
    • 「京の米で京の酒を」きき酒・販売会で京の酒をPR(11/3,4JRA京都競馬場)
    • 平成30年度動物感謝デー in Kyotoで京のブランド産品をPR(11/4 味夢の里)
    • 「イタリア料理展示大会」出展(11/12,13 ANAクラウンプラザホテル京都)
    • 「東京で活躍する京都人の集い」における「祝・京の酒」PR(11/20 ホテルグランドパレス)
    • 京料理展示大会で京のブランド産品をPR(12/13,14 みやこめっせ)
    • 京都府南丹広域振興局「グルメの集い」出展(2/2 京都ブライトンホテル)
    • 「きょうとキッズアップフェスタ2019」において京のブランド産品をPR(2/11 ザ・サウザンドキョウト)
    • 錦市場感謝祭において京のブランド産品をPR(2/19 錦市場)

 

  • 京都府農林水産フェスティバル2018の開催
    平成30年11月24日(土)〜11月25日(日)
    京都府総合見本市会館
    ・入場者数:延46,000名(前年度 延42,000名)
    ・売上高 :33,000千円(前年度 31,000千円)

 

  • 「京の食材マーケット開拓員」の設置
    京野菜をはじめとする府内産農林水産物及びその加工品について、首都圏での料飲店や業務向けの新たな需要開拓を戦略的に推進するため、東京に「京の食材マーケット開拓員」を設置
    <設置期間>平成30年4月1日〜平成31年3月31日
    <業務内容>

    • 旬の京野菜提供店、ほんまもん京野菜取扱店の新規開拓及び既認定店との情報交換
    • 新たな販売ルートや企業要望の把握
    • 首都圏情報の伝達や協会業務の首都圏調整
    • 首都圏販路開拓事業のサポート

<訪問実績>

訪  問  先 訪問回数(再訪を含む) 備   考
ほんまもん京野菜取扱店関係 185回
旬の京野菜提供店関係  71
その他  39
295

(4)相談・指導事業

  • 京のブランド産品消費宣伝活動助成事業
     京都府特産物育成協議会等関係団体と連携を図りながら、JA職員、ブランド産地部会員等を対象とした市場・流通研修に助成した。
    また、府内各地域での生産者研修会や大会への講師派遣等の支援を行うとともに、研修会を通じて、生産者の生産・出荷調製技術の向上を図った。
    さらに、各種生産出荷対策会議に出席して必要な助言を行った。

    JA生産者消費啓発活動への助成件数
    首都圏:1JA 1回 40名(前年度 1JA 1回  9名)
    近畿圏:1JA 2回 28名(前年度 1JA 3回 50名)
  • 京の農林水産物ブランド力強化支援事業

     地域の食の魅力を支える食材のブランド力を強化するため、産地及び生産者に対する経営戦略や品質向上等に関するセミナーを実施した。

    生産者ブランド力強化セミナー件数
    首都圏等: 5回  32名
    京都府内: 2回 106名

(5)京のブランド産品30周年記念事業

  • 京のブランド戦略会議
  • 目 的 これまでの成果と課題を明らかにし、戦略の新たな展開を検討
  • 主 催 京のふるさと産品協会
  • 参加者 ブランド認証審査会委員、専門家、行政、関係団体職員等
区分 開催年月日 内容
第1回戦略会議 30年11月 2日 専門家の講演、成果・課題・今後の展開について意見交換等
第2回戦略会議 31年 1月27日 (1/27開催の記念式典後にパネルディスカッションとして開催)
第3回戦略会議 31年 3月19日 京野菜の機能性及びこれまでの検討内容について報告、今後の戦略についての取りまとめ

 

  • 京のブランド産品30周年記念式典
  • 開催日等 平成31年1月27日(日) (KBSホールに関係者約200人が参加)

 

<記念式典>
  • 感謝状贈呈等(生産振興・流通販売・ブランド化に貢献の21団体)

 

<パネルディスカッション>
  • テーマ 「〜オンリーワンのブランド化を目指して!〜30年間を振り返り、これからを展望する」
  • パネラー 綾城 京都府農林水産部長、中川 JA京都中央会会長
    佐藤 マーケティングコンサルタント、 清老 KBS京都「夢追人」ナビゲーター
  • 進行役  小田 京のふるさと産品協会理事長

平成30年度京のブランド産品出荷状況(平成30年4月~平成31年3月)

品 目 産地数 平成30年度実績 対前年比(%)
出荷量(kg) 出荷額(円) Kg単価(円) 出荷量 出荷額 単価
京みず菜 11 321,343 183,286,264 570 86 77 90
京壬生菜 3 56,687 36,772,206 649 95 76 80
九条ねぎ 8 181,224 129,380,384 714 87 90 104
伏見とうがらし 14 15,394 33,658,063 2,186 64 107 166
万願寺甘とう 3 186,453 203,598,830 1,092 75 111 148
賀茂なす 3 25,792 22,167,233 859 89 89 101
京山科なす 3 4,664 3,011,758 646 108 106 99
鹿ヶ谷かぼちゃ 2 90 63,050 701 9 17 179
紫ずきん 8 61,831 81,771,258 1,322 43 59 137
京 夏ずきん 5 34,906 37,317,798 1,069 68 75 110
聖護院だいこん 4 32,646 4,980,804 153 152 88 58
聖護院かぶ 1 358,770 33,664,210 94 80 32 41
京こかぶ 1 40,760 7,944,380 195 78 67 86
えびいも 14 8,351 11,484,496 1,375 67 85 128
堀川ごぼう 3 2,092 3,462,021 1,655 71 88 123
やまのいも 2 2,676 1,967,510 735 52 48 93
花菜 3 11,287 15,309,154 1,356 621 322 52
京たけのこ 1 190 213,700 1,125 92 74 80
丹波くり 2 21,366 29,444,761 1,378 60 60 100
京たんご梨 1 38,407 12,991,278 338 200 215 107
京たんごメロン 1 21,035 38,062,506 1,809 46 87 190
16 364,890 104,455,079 286 81 80 98
黒大豆 1 157 497,695 3,170 42 41 98
小豆 1 663 1,337,998 2,017 103 103 101
金時にんじん 0 0 0 0 0 0 0
くわい 0 0 0 0 0 0 0
丹後とり貝 4 20,228 98,839,712 4,886 97 109 112
丹後ぐじ 2 4,847 14,654,276 3,024 49 62 126
京丹波大黒ほんしめじ 1 192,547 372,907,348 1,937 101 125 123
合 計 118 2,009,295 1,483,243,772 738 82 90 110

 

加工品名 使用業者 平成30年度実績 対前年度比(%)
出荷量 出荷額(円) 単価(円) 出荷量 出荷額 単価
京の酒 18社 69,145(l) 158,269,611 2,289 74 77 104
かぶスープ 1社 0(袋)
京山科なす京漬物 8社 7,292(袋) 3,532,260 484 91 87 96

京のブランド産品全体出荷額 1,645,045,643円(対前年度比:88.2%)

※「祝・京の酒」実績はH30.4月~H31.3月推定

※「かぶスープ」実績はH30.4月~H31.3月

※「京山科なす京漬物」実績はH30.4月~H31.3月

※「京丹波大黒本しめじ」実績はH30.4月~H31.3月で数量はkg換算した数値

※数量については加工品を除く

農産物価格安定対策事業

(1) 概要

 農産物価格安定対策事業については、京都府、JA京都中央会、全農京都府本部等、関係機関・団体と連携し、産地整備を進めるとともに、保証方式が変更され生産者が加入しやすい制度に改正された野菜等経営安定対策事業をはじめ各種農産物価格安定対策事業の適正な事業実施に努めた。
加入産地については、野菜等経営安定対策事業では野菜・花きともに1産地脱退で2産地減、特定野菜等供給産地育成価格差補給事業では1産地減、野菜計画生産出荷促進対策特別事業では昨年度と同数の産地数での事業開始となり、豆類価格安定対策事業は前年度より2産地減で事業を行った。
この結果、これら4事業において62加入産地で事業を行い、11産地に対して補給金の交付を行った。補給金交付額は前年度よりも減少した。
近年、集中豪雨や豪雪などの異常気象の影響等により、生産・出荷量が不安定となり、それに伴い農産物の価格も乱高下が続いており、農業経営の安定を図る上で本制度の重要性も増してきている。

平成30年度農産物価格安定対策事業実績総括表

事 業 区 分 加入産地数 交付予約数量
(トン・千本)
交付準備額
(千円)
補給金交付額
(千円)
野菜等経営安定対策事業 35 3,192 180,263 19,165
野 菜 29 1,533 168,987 19,165
花 き 6 1,659 11,276 0
特定野菜等供給産地育成価格差補給事業 5 1,110 23,398 3,151
野菜計画生産出荷促進対策特別事業 5 1,340 24,325 0
豆類価格安定対策事業 17 238 94,922 0
合計 62 5,880 322,908 22,316

(2) 各事業の概要

① 野菜等経営安定対策事業(府単独事業)

  • 加入産地の状況
    野菜では舞鶴市・黒大豆えだまめ、花きでは京丹波町・コギクが産地解除となり、産地数は野菜29産地、花き6産地の35産地(昨年より2産地減)で事業を行った
  • 交付予約数量の状況
    交付予約数量については、野菜は1,533トン(前年度1,563トン)で前年に比べ約2%減少し、花きは1,659千本(前年度1,909千本)で、前年に比べて約13%減少した。
  • 補給交付金の交付状況
    補給金交付額は、野菜で19,165千円(前年度38,679千円)、花きは前年度同様交付金の交付は無く、交付金総額は前年に比べ半減。
  • 補給交付金の特徴
    35産地(54業務区分)のうち、野菜では27産地(35業務区分)中8産地(10業務区分)が交付対象となり、花きでは交付金対象産地無し。
    野菜は春から夏にかけて葉物が単価安となり、みず菜・壬生菜・九条ねぎ・ほうれんそうの6産地で補給金が交付された。
    春〜夏出荷のトマト・実えんどうは、単価安により2産地に補給金が交付されたが、その他の果菜類・豆類は、夏〜秋の台風の影響から数量が減少し高値であった。
    花きにおいては産地によって生育や価格にばらつきがあったものの、価格は安定傾向にあり交付金の交付は無し。

② 特定野菜等供給産地育成価格差補給事業(国庫事業)

  • 加入産地の状況
    前年度より1産地減の5産地で事業実施
  • 交付予約数量の状況
    前年度より383トン減の1,110トン
  • 補給金の交付状況
    3産地(4業務区分)で交付。前年度より593千円減
  • 補給金交付の特徴
    5産地(6業務区分)のうち、3産地(4業務区分)において補給金が交付された。
    指定野菜においては、春キャベツ、夏秋なすにおいて補給金が交付された。
    春キャベツにおいては、定植時期の天候不順などにより出荷に適した規格が収穫できず、また、高齢化による収穫適期の作業効率の低下により、昨年よりも出荷量が減少し単価安でもあったため補給金を交付した。
    夏秋なすや夏秋きゅうりにおいては、夏〜秋の台風の影響から出荷量が減少し高値であった。11月以降には出荷量が回復し、価格も平年並みとなったため、夏秋なすにおいて、若干ではあるが補給金を交付した。
    特定野菜においては交付金の発動はなかった。

③ 野菜計画生産出荷促進対策特別事業(府単独事業)

  • 加入産地
    前年度と同数の5産地で事業実施
  • 交付予約数量
    前年度より334トン減の1,340トン
  • 補給金の交付状況
    特別補給交付金は発動しなかった。

④ 豆類価格安定対策事業(府単独事業)

  • 加入産地
    前年度より2産地減の17産地で事業実施
  • 交付予約数量
    前年度より28トン減の238トン
  • 補給金の交付
    黒大豆、小豆とも単価は前年を上回った。補給金の交付は、現在集計中である。

⑤ 加工・業務用野菜生産基盤強化支援事業(国庫事業)
(独法)農畜産業振興機構が実施する「加工・業務用野菜生産基盤強化支援事業」を行う団体等の事務支援
平成30年度は、1団体で実施(H28及びH29採択分)

(参考)野菜等の作柄並びに市況等

(1) 野菜

①春野菜

 3月から5月にかけては、気温がかなり高めに推移し、降水量は、平年よりやや多めとなった。
6月は、6日頃に梅雨入りし、上旬は降水量が多く、気温も低かったものの、月の後半は少雨、高温傾向となり、平均降水量、平均気温は平年並みとなった。
春野菜の出荷状況については、出荷量は、3月、4月連続して前年を20%以上 上回ったが、総じて単価安の傾向が続き、出荷額が伸び悩む結果となった。
5月と6月は、出荷量、出荷額とも前年をやや下回る結果となった。
ブランド京野菜を中心とした伝統野菜の出荷量は、5月以降、壬生菜、京たけのこ、伏見とうがらしなどは減少したものの、九条ねぎ、万願寺とうがらし、賀茂なすなどが増加した。
一方単価は、4月に花菜、万願寺とうがらしがかなり高かった他は、総じて横ばい又は低めとなり、出荷額は全体として前年度を下回る結果となった。

②夏野菜

 7月は、上旬大雨となり、9日の梅雨明け後は、高温・干ばつ傾向となったが、終わりには台風12号による風雨被害が発生した。
8月は、前半は猛暑と少雨であったが、下旬には台風20号による大雨・暴風被害が発生した。
9月は、降水量が平年の2倍を超える多さとなり、気温は平年よるやや低めとな ったが、台風21、24号による大雨・暴風被害が発生した。
夏野菜の出荷状況については、台風の影響による冠水被害や、猛暑による生育遅 れなどにより、出荷量が大きく減少し、単価は多くの品目で前年を大幅に上回ったが、出荷額は、7月を除いて、前年をやや下回る結果となった。
ブランド京野菜を中心とした伝統野菜の出荷量は、夏野菜全体と同様に大きく減少したが、万願寺とうがらし、九条ねぎなどを中心に単価が前年を大幅に上回った結果、全体の出荷額は7月が増加し、8月と9月はほぼ横ばいとなった。

③秋冬野菜

 10月、11月の気温は平年よりやや高めに推移し、降水量は平年の3割程度と干ばつ傾向となった。
12月から2月にかけては、気温は高めに推移し、降水量は平年を大幅に下回る少雨傾向となり、降雪も少なく、また、日照時間が平年よりかなり増加した。
秋冬野菜の出荷状況については、10月は、これまでの猛暑や台風の影響で、露地野菜を中心に、出荷が少ない状況が続き、前年を大幅に下回る結果となり、単価は上がったものの、出荷額は減少した。
11月は、気温の高い日が続き、葉物の出荷が前倒しとなり、出荷量が前年を大幅に上回る結果となったが、単価が低下し、出荷額が大きく減少した。
12月から2月にかけては、暖冬傾向の影響もあり、野菜の生育が順調であり、出荷量は前年を上回ったが、単価が大幅に下落し、出荷額も大きく減少した。
ブランド京野菜を中心とした伝統野菜の出荷量は、10月は、野菜全体と同じく出荷が少ない状況が続いたが、万願寺とうがらし、九条ねぎなどを中心に単価が上がり、出荷額が増加した。
11月から2月にかけては、野菜全体と同じく出荷量が前年を上回ったが、総じて単価が大幅に下落し、出荷額が減少する結果となった。

(2) 花き(コギク)

 府の北部・中部・南部それぞれに産地があるコギクは、地域によって生育・開花状況にバラツキがあったものの、単価は高値傾向にあり保証対象となる産地は無し。
北部地域では、前年の雪害により苗の確保が難しかった産地や、夏場の高温による開花遅れや秋の長雨から品質品質低下がみられた産地があった。
中部地域では、夏の豪雨から河川の氾濫による水害が発生し、収穫困難な産地があった。
南部地域では、6月の日照不足により一部品種で草丈が伸びず、6月末から7月上旬の豪雨により圃場が冠水し、出荷目前で葉枯れや根腐れが発生した。
彼岸用コギクについては害虫の多発により葉の傷みが多く、また台風の強風により曲がりが発生し、出荷できない生産者が見られた。
上記理由から、収穫・出荷数量はどの産地も減少傾向にあったが、一方で需要期に出荷できたコギクの価格が高騰したことから、平均価格は安定していた。

(3) 豆類(黒大豆、小豆)

 黒大豆は、夏場の高温干ばつの影響で受精不良となり、開花後の落莢数が多くなった。また、台風による倒伏被害の影響もあり、収量は前年の4割程度と大幅に落ち込んだ。
小豆についても7月中旬以降播種後の干ばつによる発芽不良の発生や、9月の台風被害による落花被害、その後の長雨による湿害等により収量は前年の約5割となった。そのような中、生産者の努力もあり秀品率19%(前年度 20%)、2L率39%(前年度 41%)とほぼ前年並みの数値となり、品質的にも前年を上回る評価を得た。