平成29年度事業報告及び収支決算について

1, 処理事項

月日 内容 場所等
4月8日

9日

10日

13日

 

14日

20日

24日

25日

26日

第3回松尾大社 酒—1グランプリ出展

京都南部総合地方卸売市場一般公開

第4回2017食博覧会京都府実行委員会

「京のおもてなし企画」プロジェクト会議

丹後とり貝・丹後ぐじ検査員打ち合わせ会議

ほんまもん京野菜取扱店、旬の京野菜提供店認定盾授与式

ブランド戦略担当者会議

野菜経営対策事業担当者研修会

園芸関係連絡調整会議

JA京都京野菜部会日吉町壬生菜部会

京都府農林水産フェスティバル2017打ち合わせ会議

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(市場調査(毎週火、金曜日))

松尾大社

京都南部総合地方卸売市場

京都府産業支援センター

全農京都府本部

京都府漁協宮津支所

京都府公館

産品協会

JA京都野田川支店他

京都府庁

JA京都日吉支店

産品協会

首都圏

 

 

京都市中央卸売市場

5月2日

9日

11日

 

12日

13日

15日

17日

 

18日

22日

23日

 

25日

26日

28日

25日

30日

31日

宇治新茶八十八夜の集い

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会

ブランド戦略検討会議

平成29年度京都府農林水産物・加工品輸出促進協議会総会

監事監査(及び15日)

(公社)日本全職業調理士協会「日本料理セミナー」での京野菜PR

機能性net事務局会議

万願寺甘とう初出荷・出発式

 

万願寺甘とう初競り

京の食ミュージアムあじわい館事業における意見交換会

園芸関係連絡調整会議

おもてなし企画打ち合わせ会議

公益社団法人京のふるさと産品協会第1回理事会

京都府農林水産フェスティバル2017打ち合わせ会議

京都府漬物共同組合総会

「京のおもてなし企画」説明会・商談会

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会企画会議

京都食材セミナー・「京のおもてなし企画」説明会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(市場調査(毎週火、金曜日))

宇治茶会館他

ホテルセントノーム京都

御所西京都平安ホテル

御所西京都平安ホテル

産品協会・西大路三条会議室

武蔵野調理師学校

京都府庁

JA京都にのくに
万願寺甘とう舞鶴選果場

京都市中央卸売市場

京都市中央卸売市場

京都府庁

全農京都府本部

ホテルルビノ京都堀川

京都府庁

ホテルグランヴィア京都

ホテルセントノーム京都

京都府庁

グランドプリンスホテル新高輪

首都圏

 

 

京都市中央卸売市場

6月5日

6日

13日

 

 

14日

 

 

15日

 

 

 

16日

20日

 

21日

22日

23日

27日

JA京都京野菜部会

第16回通常総会おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会

第45回定時総会

平成29年度労働保険年度更新・社会保険算定基礎届事業所説明会

京都府中小企業団体中央会第62回通常総会

JA京都丹波くり部会第16回通常総会

京都府観光連盟平成29年度通常総会

京都府農林水産物・加工品輸出促進協議会京野菜流通部会設立総会

「京の米で京の酒を」推進会議事務局会議

実りフェスティバル打ち合わせ会議

京都府特産物育成協議会幹事会

福岡大同青果における「万願寺甘とう」試食宣伝活動

平成29年度漬物用京山科なす出荷会議

(一社)京都府食品産業協会総会

JA京都京野菜部会亀岡支部賀茂なす部会出荷会議

早期収穫可能な「京 夏ずきん」食味検討会

京野菜機能性活用推進連絡会第5回総会

「京たんごメロン」初競り

「京の米で京の酒を」推進会議

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(近畿圏8回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

JA京都本店

京都府公館

ホテルセントノーム京都

京都テルサ

リーガロイヤルホテル京都

JA京都本店

京都東急ホテル

京都リサーチパーク1号館

全農京都府本部

産品協会

京都獣医畜産会館

福岡市中央卸売市場

京都青果合同(株)

京都ホテルオークラ

JA京都亀岡中部支店

農林センター

ホテル日航プリンセス京都

京都市中央卸売市場

伏見酒造組合

首都圏

 

 

近畿圏

京都市中央卸売市場

7月4日

6日

7日

 

 

10日

11日

12日

16日

19日

20日

 

27日

 

 

31日

築地市場「夏の京野菜」紹介セミナー

京都府農林水産フェスティバル2017業者説明会

京都府特産物育成協議会

京都府農林水産関係団体連絡協議会

2017食博大阪実行委員会

京都料理芽生会視察研修

園芸関係連絡調整会議

平成29年度長岡京花菜部会総会

「京のおもてなし企画2017夏」開始(〜8/31)

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会企画会議

こだわり確認責任者研修会(及び26日)

 

農林センター施設公開

平成29年度京 夏ずきん出荷会議

JA京都にのくに万願寺甘とう部会協議会役員会

京都府農林水産フェスティバル2017実行委員会総会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏14回・近畿圏17回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

東京シティー青果

京都獣医畜産会館

烏丸御池会議室

御所西京都平安ホテル

京都産業21

農林センター

JA京都中央会

乙訓地区農業構造改善センター

京都府内・東京

ホテルルビノ京都堀川

JAやましろ本店・全農北部流通センター

農林センター

農林センター

JA京都にのくに本店

全農京都府本部

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

8月1日

2日

4日

9日

17日

21日

22日

 

25日

30日

京都府農林水産フェスティバル2017担当者会議

「祝」に係るこだわり検査事業説明

農業セミナー「京都府産酒米技術交流会」

平成29年度聖護院だいこん出荷組合総会

平成29年度野菜経営安定対策事業新規加入産地説明会

丹後町堀川ごぼう部会市場視察研修

紫ずきん出荷会議

園芸関係連絡調整会議

紫ずきん出荷会議(卸会社向け)

京都府農林水産フェスティバル2017担当者会議

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏27回、近畿圏3回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

京都府庁

農林センター

アグリセンター大宮

JAやましろ久御山町支店

JA京都やましろ和束町支店

京都青果合同(株)

京都青果合同(株)

産品協会

農林センター

京都獣医畜産会館

首都圏

 

 

首都圏、近畿圏

京都市中央卸売市場

9月1日

3日

4日

5日

8日

15日

18日

20日

 

21日

29日

京都府総合見本市会館開館30周年記念式典

京たんご梨初競り

加工・業務用野菜生産基盤強化事業現地調査

紫ずきん初競り

ブランド認証審査会青果部会

全農主催料理教室(講師:日本橋ゆかり野永料理長)

明治大学ゼミ視察対応(〜19日)

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会企画会議

福岡大同青果における「紫ずきん」試食宣伝活動

「京の米で京の酒を」事務局会議

ブランド認証審査会総合審査会

京のおもてなし企画プロジェクト会議

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏4回、近畿圏72回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

京都パルスプラザ

京都市中央卸売市場

JA京都丹後広域営農センター他

京都市中央卸売市場

全農京都府本部

全農ビル

京都市中央卸売市場他

京都青果合同(株)

福岡市中央卸売市場

全農京都府本部

京都獣医畜産会館

全農京都府本部

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

10月3日

 

5日

6日

11日

16日

19日

22日

24日

25日

 

28日

31日

京都府特産物育成協議会幹事会

園芸関係連絡調整会議

京都府農林水産フェスティバル2017担当者会議

第1回丹波栗(丹波くり)広域品評会

京のおもてなし企画「京都府内産食材商談会」

丹後水産物ブランド推進協議会丹後とり貝部会

ブランド対策実務者会議

平成29年度動物感謝デーin京都(ブランド産品PR)

JA京都京野菜部会日吉支部壬生菜部会役員研修会

平成29年度野菜価格安定対策事業全国会議

園芸関係連絡調整会議

「京都・東福寺マルシェ」(ブランド産品PR)(〜29日)

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会企画会議

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏7回、近畿圏15回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

京都府庁

京都府庁

京都獣医畜産会館

丹波市柏原住民センター

京都リサーチパーク

京都府水産会館

全農園芸課

京都産業大学むすびわざ館

JA京都日吉支店

AP東京八重洲通り

京都府庁

東福寺

京都府庁

首都圏

 

 

首都圏・近畿圏

京都市中央卸売市場

11月1日

 

2日

5日

7日

8日

10日

14日

 

15日

16日

18日

21日

23日

 

25日

京野菜マルシェ(府内)(〜12月11日)

紫ずきん3号の現地採種試験研修会

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会

野菜ソムリエコミュニティー京都研修会

東京経済人会での京の酒等PR活動

第68回洛趣展

第56回実りのフェスティバル(〜11日)

平成29年度農林漁業関係団体職員人権啓発研修会

野菜価格安定事業の関係通知改正説明会

聖護院だいこん首都圏出荷検討会

JA・JFグループ近畿四国商談会(出展)

京野菜フェスティバル(〜19日)

園芸関係連絡調整会議

市場開設90周年記念 市場祭り

平成29年度「あすのKyoto・地域創生フェスタ」

京都府農林水産フェスティバル2017(〜26日)

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(近畿圏47回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

京都府域

農林センター

ホテルルビノ京都堀川

産品協会

東海大校友会館

日本橋三越本店

池袋サンシャインシティー

キャンパスプラザ京都

大阪JAビル

JA京都やましろ久御山支店

AJCビル

岡崎公園

京都府庁

京都市中央卸売市場

府立植物園

京都パルスプラザ

首都圏

 

 

近畿圏

京都市中央卸売市場

12月1日

4日

5日

 

 

 

6日

7日

9日

 

13日

19日

22日

26日

生物資源研究センター平成29年度成績報告会

京都府中華料理生活衛生同業組合「京野菜セミナー」

岩手県立盛岡第一高校研修対応

紫ずきん市場担当者反省会

JA京都にのくに万願寺甘とう部会協議会役員会

JA京都京野菜部会亀岡支部賀茂なす部会平成29年度反省会

ブランド産地見学会(堀川ごぼう・京壬生菜)

京都府農林水産部若手技術職員研修会(講師派遣)

第9回京都発!「食とみどりのサイエンスNow」

第7回京都留学生クッキングワールドカップ

第112回京料理展示大会(〜14日)

園芸関係連絡調整会議

京都府農林水産フェスティバル2017反省会

おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会

京都府農林水産物・加工品輸出促進協議会京野菜流通部会実務者会議
(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(近畿圏1回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

メルパルク京都

ウィングス京都

産品協会

京都青果合同(株)

JA京都にのくに本店

JA京都亀岡中部支店

福知山市・綾部市

農林センター
(株)島津製作所本社

大阪ガスディリパ京都

みやこメッセ

京都府庁

産品協会

京都府庁

京都青果合同(株)

 

首都圏

 

 

近畿圏

京都市中央卸売市場

1月5日

 

6日

9日

16日

 

 

17日

18日

25日

 

26日

27日

31日

京都市中央卸売市場初市式

京都南部総合地方卸売市場初市式

京都府生協連2018年新春交歓会

2018年新春賀詞交歓会(JAグループ京都)

収入保険制度に係る説明会

長岡京市花菜部会出荷目合わせ会

「京のおもてなし企画2018早春」開始(〜2/28)

第3回ロボテックス

平成29年度花菜ブランド出荷現地検討会

平成29年度第2回野菜事業関係担当者全国会議

京のおもてなし企画「食材セミナー」

平成29年度農林センター試験研究成績報告会

銀座三越みのるマルシェ「京都中央の実り」

平成29年度乙訓私立幼稚園協会厚生研修会

農林水産振興に係る情報交換会

園芸関係連絡調整会議

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏1回、近畿圏6回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

京都市中央卸売市場

京都南部総合地方卸売市場

コープ・イン・京都

リーガロイヤルホテル京都

キャンパスプラザ京都

JA京都中央乙訓支店

京都府内、東京

東京ビッグサイト

京都青果合同(株)

AP東京八重洲通り

たん熊北店二子玉川店

農林センター

銀座三越

京都学園大学太秦キャンパス

ホテルルビノ京都堀川

JA京都中央会

首都圏

 

 

首都圏、近畿圏

京都市中央卸売市場

2月2日

6日

13日

15日

16日

19日

 

20日

21日

23日

 

26日

27日

池袋サンシャインシティメニューフェア(〜3/11)

大和学園太秦学舎竣工式

JA京都にのくに万願寺甘とう部会協議会役員会

野菜価格安定対策事業説明会

おいしい京都マルシェ(〜18日)

ブランド認証審査会(林産部会)

京都和食文化推進会議総会・表彰式

園芸関係連絡調整会議

全調協食育フェスタ

ブランド認証審査会(水産部会)

新潟県長岡市立東北中学校視察研修

(一社)京都府食品産業協会平成30年新春研修会

福岡大同青果京野菜セミナー

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏10回、近畿圏1回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

池袋サンシャインシティ

大和学園太秦学舎

JA京都にのくに本店

JA京都やましろ久御山支店

池袋サンシャインシティ

京都獣医畜産会館

ANAクラウンプラザホテル

京都府公館

池袋サンシャインシティ

京都府水産会館

産品協会

ANAクラウンプラザホテル

福岡市中央卸売市場

首都圏

 

 

首都圏、近畿圏

京都市中央卸売市場

3月5日

 

6日

 

7日

8日

9日

13日

 

15日

 

16日

20日

23日

28日

29日

京のおもてなし企画会議

舞鶴万願寺甘とう部会生産者大会

野菜価格安定対策事業相談会(局・市町向け)

輸出促進協議会京野菜部会

旬の京野菜提供店(東京エリア)認定式

ブランド認証審査会青果・農産合同部会

第1回京都府産水産物ブランド価値向上セミナー

野菜等経営安定事業相談会(JA本店向け)

園芸関係連絡調整会議

京野菜機能性セミナー

 

ブランド認証審査会総合審査会

JA京都にのくに万願寺甘とう部会協議会役員会

平成29年度聖護院大根出荷組合反省会

第2回理事会

丹後水産物ブランド推進協議会丹後とり貝部会

(京の食材マーケット開拓員情報収集等活動(旬の京野菜提供店(候補店)、ほんまもん京野菜取扱店(候補店)、築地市場、大田市場等訪問))

(京野菜消費宣伝活動(首都圏1回、近畿圏1回))

(市場調査(毎週火、金曜日))

全農京都府本部

舞鶴市西支所

JA京都丹後支店

京都青果合同(株)

都道府県会館

全農京都府本部

京都府漁業協同組合

産品協会

京都府庁

京の食文化ミュージアム・あじわい館

京都獣医畜産会館

JA京都丹の国本店

JA京都やましろ久御山支店

ホテルセントノーム京都

京都府水産会館

首都圏

 

 

首都圏、近畿圏

京都市中央卸売市場

2 総会

定時総会

開催年月日 開催場所 会員数 出 席 者 数
本 人 委任状  計
29年 6月13日 ホテルセントノーム京都 45名 23名 21名 44名

下記議案は、いずれも原案どおり承認可決された。

  • 第1号議案

    平成28年度事業報告及び収支決算の承認について

  • 第2号議案

    業務方法書の一部改正の承認について

  • 付帯決議

    第2号議案については、行政庁の指示等により変更を必要とするときは、その趣旨に反しない範囲内でその変更を理事長に委任願いたい。

  • 第3号議案

    平成29年度会費及び負担金の賦課徴収方法の決定について

  • 第4号議案

    余裕金の預入先金融機関の決定について

  • 報告事項

    ・平成29年度事業計画及び収支予算
    ・ブランド戦略を巡る取組について

3 理事会

(1) 第1回理事会

開催年月日 開催場所 理事数 出 席 者 数
理事 監事  計
29年 5月25日 ホテルルビノ京都堀川 10名 9名 2名 11名

協議事項

  • 平成28年度事業報告及び収支決算について

  • 業務方法書の一部改正について

  • 余裕金の預入先金融機関について

  • 第45回定時総会の開催について

(2) 第2回理事会

開催年月日 開催場所 理事数 出 席 者 数
理事 監事  計
30年 3月28日 ホテルセントノーム京都 10名 8名 2名 10名

協議事項

  • 平成30年度事業計画及び収支予算について

  • 平成30年度会費及び負担金の賦課徴収方法について

  • 「公益社団法人京のふるさと産品協会就業規程」の一部改正について

  • 「公益社団法人京のふるさと産品協会給与規程」の一部改正について

  • その他報告事項
    ・平成29年度事業実施状況等について
    ・ブランド戦略の方向性について

4 ブランド認証審査会

(1) 総合審査会

① 第1回総合審査会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
29年 9月29日 京都獣医畜産会館 8名 5名

内  容

  • 認証審査会専門部会(青果・農産・林産部会)報告について

  • ブランド産地の更新について

  • その他(活動状況報告等)

② 第2回総合審査会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
30年 3月16日 京都獣医畜産会館 8名 7名

内  容

  • 認証審査会(青果・農産部会・水産部会)報告について

  • ブランド産地の更新について

  • その他(活動状況報告等)

(2) 青果部会

① 第1回青果部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
29年 9月 8日 全農京都府本部 5名 4名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • その他

② 第2回青果部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
30年 3月 8日 全農京都府本部 5名 5名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • その他(新規ブランド品目の検討等)

(3) 農産部会

① 第1回農産部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
30年 3月 8日 全農京都府本部 6名 6名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • 京マーク使用許諾の更新について

  • その他

(4) 水産部会

① 第1回水産部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
30年 2月23日 京都府水産会館 5名 5名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • その他(新規ブランド品目の検討等)

(5) 林産部会

① 第1回林産部会

開催年月日 開催場所 委員数 出席者数
30年 2月19日 全農京都府本部 6名 6名

内  容

  • ブランド産地の更新について

  • その他

5 業務の概要

ブランド推進事業

 ブランド推進事業については、これまでの取組の成果等をふまえ、①ブランド認証 ②情報収集・提供 ③普及啓発 ④相談・指導の4つの事業を柱として、府内産農林水産物の市場競争力の強化と消費啓発に努めた。
 京のブランド産品の生産に大きな影響を与える気象状況は、春先から夏場にかけては高温傾向で推移したが、9月、10月は台風の影響で大雨もあり、府内全域でハウス倒壊や冠水等大きな被害が発生した。その後2月まで低温傾向が続き、さらに1月から2月にかけては丹後地方を中心に大雪となるなど、特に冬物野菜にとっては播種期、成長期、収穫期とも極めて厳しい気象条件となった。こうした中でも、九条ねぎ、万願寺甘とう、紫ずきん、京 夏ずきん、やまのいも、丹波黒大豆などは出荷量が大きく増加し、京みず菜、京壬生菜、賀茂なす、京山科なす、聖護院だいこん、堀川ごぼう、花菜、京たけのこ、京たんご梨、丹後とり貝などが大きく減少した。
 加工品を除く出荷量は、2,461t(前年度比96%)とやや前年を下回り、kg当たりの単価は672円(前年度比102%)で前年とほぼ同じとなったことから、出荷額は16億5,506万円(前年度比97%)となった。なお、加工品を含めた京のブランド産品全体の出荷額は、18億6,461万円(前年度比99.0%)で前年度をわずかに下回った。
 首都圏出荷額は2億4千万円(前年度比91%。一般野菜を含む。)で前年度を下回った。

(1)ブランド認証事業

 京のブランド産品の付加価値を一層高め差異化を図るため、京都こだわり生産認証制度の的確な運用を通して、安心・安全な農林水産物生産をPRし、京のブランド産品の販路確保と有利な取引展開に努めた。
 また、府特産物育成協議会と連携しながら、市場において定期的にブランド産品の規格・品質検査を行い、結果を産地に返すことによりブランド認証品目の品質向上に努めた。
  • ブランド認証品目:31品目(加工品2品目を含む。)、許諾品目:3品目、ブランド指定産地:118産地
  • ブランド認証審査会の開催(7回(総合審査会2回、専門部会5回))
    • ブランド産地指定等に係る審査
      更新産地 11品目28産地
    • 京マーク使用許諾
      「京の酒」 更新  3社  6銘柄
  • 京都こだわり生産認証制度検査実施状況
    履歴提出生産者 6,039件
    うち検査実施数 5,933件 (検査不合格1件)
  • 市場検品調査の実施 94回

 

(2)情報収集・提供事業

 京のブランド産品に対する取組への支援を行うため、産地づくりに役立つ市場情報や店舗での販売情報を提供するとともに、生産者や産地関係者と消費者とをつなぐ役割に努めた。
 また、マスメディアへの情報提供や、京のブランド産品の普及・啓発の番組、記事作りに積極的に協力を行った。
  • 情報誌の発行
    「元気印」(2回)
  • ホームページ等を活用した情報提供
    • ホームページ「京野菜.kyoto」の運営
    • 外国語(英語・中国語)での発信
    • スマートフォン対応
  • マスコミへの情報提供と情報発信
  • 旬のブランド産品、京マークの知名度向上PR
    • 「月刊京都」8月号及び2月号に広告掲載
  • マスコミへの情報提供と取材協力等
    • 新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等の取材対応及び協力
    • その他情報誌への資料提供、取材協力等

(3)普及啓発事業

 京のブランド産品をはじめとする府内産農林水産物の購買意欲の高揚と、消費拡大を図るため、京都府内、近畿圏、首都圏を中心に、試食宣伝等の様々な普及啓発活動を行った。
  • 「ほんまもん京野菜取扱店」
  • 取り消し 首都圏1店舗(閉店による。)
         近畿圏1店舗(閉店による。)
    (平成30年3月31日現在:首都圏:28店舗、近畿圏:25店舗 計53店舗)

 

  • 首都圏・近畿圏を中心とした消費宣伝<京野菜の試食宣伝>
  • 消費宣伝活動(京野菜マルシェを含む。)
    • 消費宣伝活動実施回数
      首都圏:延べ 47店舗(前年度:延べ31店舗)
      近畿圏:延べ191店舗(前年度:延べ71店舗)
  • 京野菜マルシェ
    • 消費宣伝活動実施回数(上記消費宣伝活動の内数)
      首都圏:延べ24店舗(前年度:延べ64店舗)
      京都府:延べ50店舗(前年度:延べ82店舗)

 

  • 「旬の京野菜提供店」
  • 認定
    京都府内1店を新規認定、閉店により3店を認定取消
    東京都特別区内15店を新規認定、閉店により3店を認定取消
    (平成30年3月31日現在:京都193店、東京66店 計259店)
  • ガイドブックの配布
  • 「京のおもてなし企画」の実施
    ブランド産品の京野菜をはじめとする府内産農林畜水産物を取り合わせたコース料理を提供する企画を実施

    • 夏季:7月16日~8月31日実施 参加  93店(内、提供店65店)
    • 早春:1月16日~2月28日実施 参加 120店(内、提供店60店)

 

  • 京野菜等の普及啓発(首都圏等での「京の食材紹介セミナー」等の実施)
  • 第341回日本料理セミナーで京野菜料理を紹介
    開催日)29年5月13日(土)
    会場等)後藤学園武蔵野調理師専門学校
    (内  容)旬の京都食材の紹介及び試食会
    対象者)一般(調理師学校の生徒、旬の京野菜提供店の顧客等)
    (紹介食材)万願寺甘とう、賀茂なす、京みず菜、京丹波大黒本しめじ
    (協  力)赤阪ひかわ(旬の京野菜提供店)
  • 初夏の京都食材紹介セミナー
    開催日)29年5月31日(水)
    会場等)グランドプリンスホテル新高輪
    (内  容)旬の京都食材の紹介及び試食会
    対象者)卸売業者、小売業者、料理店関係者
    (紹介食材)万願寺甘とう、賀茂なす、京都米、丹後ぐじ、丹後とり貝、京の酒等
    (協  力)高垣京野菜マイスター他ホテル料理スタッフ
  • 東京築地市場京野菜セミナー
    開催日)29年7月4日(火)
    会場等)東京シティー青果
    (内  容)旬の京都食材の紹介及び試食会
    対象者)築地市場仲卸売業者、東京シティー青果職員、その他
    (紹介食材)夏のブランド産品(万願寺甘とう、賀茂なす他)、京丹後産トマト、きゅうり、ごぼ丹
    (協  力)銀座うち山(旬の京野菜提供店)
  • 旬の京野菜提供店主催の料理教室で京野菜料理を紹介
    開催日)29年7月15日(土)
    会場等)銀座福和(旬の京野菜提供店)
    (内  容)旬の京都食材の紹介及び調理実習・試食会
    対象者)銀座福和の顧客等(料理講習参加者)
    (紹介食材)万願寺甘とう、賀茂なす、伏見とうがらし
  • 京のおもてなし「食材紹介セミナー」
    開催日)30年1月25日(木)
    会場等)たん熊北店二子玉川店(旬の京野菜提供店)
    (内  容)旬の京都食材の紹介及び試食会
    対象者)マスコミ関係者、旬の京野菜提供店等(東京エリア)
    (紹介食材)花菜、えびいも、あかがれい、京鰆、京の肉他
  • 「おいしい京都マルシェ」開催
    開催日)30年2月16日(金)〜18日(日)
    会場等) 池袋サンシャインシティ
    (内  容)旬の京野菜をはじめとする京都の食品等の紹介及び販売
    対象者) 一般消費者等
    (販売品目)京野菜、畜産加工品、水産加工品、その他
    ※ 別途2/2〜3/11まで、池袋サンシャインシティーレストラン街において京都府産農林水産物を使用した「おいしい京都メニューフェア」を開催
  • 第8回全調協食育フェスタへの出展
    開催日)30年2月21日(水)
    会場等)池袋サンシャインシティ
    (内  容)京のブランド産品の紹介及び試食会
    対象者)一般、調理師学校の生徒等
    (紹介食材)花菜、聖護院だいこん、九条ねぎ、えびいも他
    (協  力)武蔵野調理師専門学校(調理)、京都調理師専門学校(試作)
  • 福岡での京野菜セミナー
    開催日)30年2月27日(火)
    会場等)福岡大同青果
    (内  容)旬の京都食材の紹介及び試食会
    対象者)福岡の卸売業者、小売業者
    (紹介食材)京みず菜、京壬生菜、花菜、堀川ごぼう、九条ねぎ、京はたけ菜他

 

  • 京野菜等の普及啓発(その他)
  • 京野菜フェスティバル2017
    京野菜の需要拡大と販売促進を図るため開催(協会は主催者団体の一つ)。併せて野菜ソムリエコミュニティ京都の協力を得て聖護院だいこん、えびいも等の試食を行うなど、京野菜の普及宣伝を行った。
    11月18日(土)〜11月19日(日)、岡崎公園
    来場者数:延べ80,000人
  • 第7回京都留学生クッキングワールドカップ
    留学生による京野菜を使用した母国料理のコンテストを京都府などと共催で開催
    開催日:12月9日 大阪ガスディリパ京都(下京区)
    参加者:京都府内に留学生8チーム
    特別審査員:京都府知事、京野菜マイスター等5名
    一般審査員:府内在住の親子など20組・58名
  • ブランド産品のPRと消費啓発資材等の作成・配布
    ブランド産品の普及啓発のための小冊子、ポスター、パンフレット等を作成・配布
  • 京野菜マイスターへの活動支援
    京野菜マイスターに対して、京野菜の伝道師としての活動(研修講師、PR活動、現地案内、イベント協力等)を支援
     平成30年3月31日現在 21名
     (生産部門:7名、流通販売部門:6名、料理部門:8名)
    〈活動事例:京野菜マイスターによる京野菜講習〉
     乙訓幼稚園協会の厚生研修(協会:食材提供)
     日 時 平成30年1月31日(水)
     会 場 京都学園大学太秦キャンパス
     内 容 京野菜の特徴等の紹介と調理実習、試食
     対 象 幼稚園教諭、調理師
     食 材 堀川ごぼう、花菜、京みず菜など
  • ブランド産品産地見学会の開催
    旬の京野菜提供店やほんまもん京野菜取扱店を対象に開催
    開催日:平成29年12月6日(水)
    参加者:12名
    見学産地:福知山市(堀川ごぼう)、綾部市(京壬生菜)
  • 「第4回松尾大社酒−1グランプリ」へのブース出展
    平成29年4月8日(日)
    お酒の神様が奉られている松尾大社で開催された「酒−1グランプリ」に出展し、「祝・京の酒」などをPR
  • 協賛・後援、京野菜の提供等
  • 各種イベントでのブランド産品をはじめとする京野菜等のPR
    • 平成29年度動物感謝デー in Kyotoで京のブランド産品をPR(10/22 むすびわざ館)
    • 「京都・東福寺マルシェ」出展(10/28,29 東福寺)
    • 東京経済人会における「祝・京の酒」PR(11/7 東海大校友会館)
    • JA・JF近畿商談会で京のブランド産品をPR(11/16 ATCビル)
    • 市場開設90周年「市場まつり」出展(11/23 京都市中央卸売市場)
    • 京都府中華料理生活衛生同業組合員対象の京野菜セミナー(12/4ウイングス京都)
    • 京料理展示大会で京のブランド産品をPR(12/12,13,14 みやこメッセ)

 

  • 京都府農林水産フェスティバル2017の開催
    平成29年11月25日(土)〜11月26日(日)
    京都府総合見本市会館
     ・入場者数:延42,000名(前年度 延44,000名)
     ・売上高 :31,000千円(前年度 35,000千円)
    ※ おいしおすえ京野菜キャンペーンの一環として開催

 

  • 「京の食材マーケット開拓員」の設置
    京野菜をはじめとする府内産農林水産物及びその加工品について、首都圏での料飲店や業務向けの新たな需要開拓を戦略的に推進するため、東京に「京の食材マーケット開拓員」を設置
    <設置期間>平成29年4月1日〜平成30年3月31日
    <業務内容>

    • 旬の京野菜提供店、ほんまもん京野菜取扱店の新規開拓及び既認定店との情報交換
    • 新たな販売ルートや企業要望の把握
    • 首都圏情報の伝達や協会業務の首都圏調整
    • 首都圏販路開拓事業のサポート

<訪問実績>

訪  問  先 訪問回数(再訪を含む) 備考
ほんまもん京野菜取扱店関係 187回
旬の京野菜提供店関係  72
その他  36
295
  • ホームページのリニューアル等
  • ホームページのリニューアル
    インバウンドへの対応を含め海外戦略の一環としてホームページの外国語(英語、中国語)対応を図るとともに、動画等も取り入れるなどリニューアルを行った。
  • QRコードを使用した京のブランド産品の紹介
    QRコードにスマートフォンをかざすことにより、京のブランド産品の説明が日本語、英語、中国語で表示されるシステムを開発。
    旬の京野菜提供店やほんまもん京野菜取扱店等に配布し、説明用に活用

(4)相談・指導事業

 京都府特産物育成協議会等関係団体と連携を図りながら、JA職員、ブランド産地部会員等を対象とした市場・流通研修に助成した。
 また、府内各地域での生産者研修会や大会への講師派遣等の支援を行うとともに、研修会を通じて、生産者の生産・出荷調整技術の向上を図った。
 さらに、各種生産出荷対策会議に出席して必要な助言を行った。

JA生産者消費啓発活動への助成件数
首都圏:1JA 1回  9名(前年度 1JA 1回  1名)
近畿圏:1JA 3回 50名(前年度 1JA 1回 12名)

平成29年度京のブランド産品出荷状況(平成29年4月~平成30年3月)

品 目 産地数 平成29年度実績 対前年比(%)
出荷量(kg) 出荷額(円) Kg単価(円) 出荷量 出荷額 単価
京みず菜 11 375,559 238,977,399 636 80 84 105
京壬生菜 3 59,657 48,399,522 811 83 93 112
九条ねぎ 8 208,943 143,424,205 686 120 106 88
伏見とうがらし 14 23,972 31,573,108 1,317 84 88 105
万願寺甘とう 3 248,510 183,780,627 740 116 109 95
賀茂なす 3 29,096 24,789,302 852 69 86 125
京山科なす 3 4,332 2,833,265 654 78 71 92
鹿ヶ谷かぼちゃ 2 972 380,110 391 53 93 176
紫ずきん 8 143,659 138,926,126 967 112 98 87
京 夏ずきん 6 51,375 49,953,947 972 120 155 129
聖護院だいこん 4 21,531 5,630,629 262 63 90 142
聖護院かぶ 1 448,620 103,844,531 231 92 125 136
京こかぶ 1 52,450 11,856,340 226 85 63 74
えびいも 14 12,510 13,446,974 1,075 91 134 148
堀川ごぼう 3 2,940 3,952,672 1,344 67 72 108
やまのいも 2 5,158 4,069,800 789 135 115 85
花菜 2 1,818 4,748,273 2,612 72 81 112
京たけのこ 1 206 289,800 1,407 64 65 102
丹波くり 2 35,675 49,036,412 1,375 94 95 102
京たんご梨 1 19,168 6,043,204 315 35 32 91
京たんごメロン 1 46,073 43,888,851 953 94 98 104
16 447,780 130,216,800 291 106 106 100
黒大豆 1 371 1,202,499 3,241 297 274 92
小豆 1 646 1,294,023 2,003 100 100 100
金時にんじん 0 0 0 0 0 0 0
くわい 0 0 0 0 0 0 0
丹後とり貝 4 20,788 90,767,588 4,366 75 62 82
丹後ぐじ 2 9,888 23,764,559 2,403 106 92 87
京丹波大黒ほんしめじ 1 189,953 297,973,109 1,569 108 111 103
合 計 118 2,461,650 1,655,063,675 672 96 97 102

 

加工品名 使用業者 平成29年度実績 対前年度比(%)
出荷量 出荷額(円) 単価(円) 出荷量 出荷額 単価
京の酒 18社 93,202(l) 205,492,238 2,205 125 119 95
かぶスープ 1社 0(袋) 0 0
京山科なす京漬物 11社 8,032(袋) 4,054,431 517 74 72 98

京のブランド産品全体出荷額 1,864,610,344円(対前年度比:99.0%)

※「祝・京の酒」実績はH29.4月~H30.3月推定

※「かぶスープ」実績はH29.4月~H30.3月

※「京山科なす京漬物」実績はH29.4月~H30.3月

※「京丹波大黒本しめじ」実績はH29.4月~H30.3月で数量はkg換算した数値

※数量については加工品を除く

農産物価格安定対策事業

(1) 概要

 農産物価格安定対策事業については、京都府、JA京都中央会、全農京都府本部等、関係機関・団体と連携し、産地整備を進めるとともに、保証方式が変更され生産者が加入しやすい制度に改正された野菜等経営安定対策事業をはじめ各種農産物価格安定対策事業の適正な事業実施に努めた。
 加入産地については、野菜等経営安定対策事業は昨年度と同数産地で、特定野菜等供給産地育成価格差補給事業は1産地減で、野菜計画生産出荷促進対策特別事業及び豆類価格安定対策事業は前年度と同数の産地数で事業を行った。
 この結果、これら4事業において67加入産地で事業を行い、21産地に対して補給金の交付を行った。補給金交付額は前年度よりも増加した。
 近年、集中豪雨などの異常気象の影響等により、生産・出荷量が不安定となり、それに伴い農産物の価格も乱高下が続いており、農業経営の安定を図る上で本制度の重要性も増してきている。

平成29年度農産物価格安定対策事業実績総括表

事 業 区 分 加入産地数 交付予約数量
(トン・千本)
交付準備額
(千円)
補給金交付額
(千円)
野菜等経営安定対策事業 37 3,472 191,312 39,617
野 菜 30 1,563 178,156 38,679
花 き 7 1,909 13,156 938
特定野菜等供給産地育成価格差補給事業 6 1,179 52,332 3,744
野菜計画生産出荷促進対策特別事業 5 1,379 24,325 0
豆類価格安定対策事業 19 260 99,141 0
合計 67 6,290 367,110 43,361

注:事業別・産地別詳細は、別冊のとおり

(2) 各事業の概要

① 野菜等経営安定対策事業(府単独事業)

  • 加入産地の状況
    野菜では、与謝野町・きゅうりが産地解除となったが、八幡市・ねぎ(九条ねぎ)春作と和束町・花菜(冬春)が新規加入し、産地数は昨年と同様30産地で、花きも昨年と同じ7産地で事業を行った。
  • 交付予約数量の状況
    交付予約数量については、野菜は1,563トン(前年度1,351トン)で前年に比べ約16%増加し、花きは1,909千本(前年度1,992千本)で、前年に比べて約4%減少した。
  • 補給交付金の交付状況
    補給金交付額は、野菜は38,679千円(前年度12,243千円)、花きは938千円(前年度交付金無し)で、野菜・花きともに前年より大幅に増加した。
  • 補給交付金の特徴
    37産地(56業務区分)のうち、野菜では26産地(33業務区分)中17産地(18業務区分)で交付があり、花きでは6産地(6業務区分)中1産地(1業務区分)で交付金交付。
    野菜は春に葉物が単価安となり、みず菜・壬生菜・ねぎ(九条ねぎ)・ほうれんそうの6産地で補給金が交付されたが、夏場以降は果菜類は出荷量が多かったことや品質の関係から単価安となり、青とうがらし・万願寺とうがらし・黒大豆えだまめ・トマト・きゅうりなどの11産地に補給金が交付された。
    花きにおいては産地によって生育や価格にばらつきがあり、盆用コギクの開花・出荷時期と需要期のずれから1産地が補給金交付対象となった。

② 特定野菜等供給産地育成価格差補給事業(国庫事業)

  • 加入産地の状況
    昨年より1産地減、1業務区分増の6産地(8業務区分)で事業実施
  • 交付予約数量の状況
    前年度(1,373トン)より194トン減の1,179トン
  • 補給金の交付状況
    3産地(3業務区分)で交付
    3,744千円で、前年度(871千円)より2,873千円増
  • 補給金交付の特徴
    6産地(8業務区分)のうち、3産地(3業務区分)において補給金が交付された。
    補給対象となったのは、春キャベツ、夏秋きゅうり、夏秋なすで、春先から秋口にかけて野菜全般に単価安の傾向が続いたことにより、3,744千円が交付されたが、補給金額は前々年度並みであった(前年が少なかった。)。
    例年に比べると出荷量は減少しており、特に秋以降はその傾向が顕著で単価高となった。

③ 野菜計画生産出荷促進対策特別事業(府単独事業)

  • 加入産地の状況
    前年度と変わらず5産地で事業実施
  • 交付予約数量の状況
    前年度(1,534トン)より155トン減の1,379トン
  • 補給金の交付状況
    特別補給交付金は現在集計中

④ 豆類価格安定対策事業(府単独事業)

  • 加入産地の状況
    前年度と同様、19産地で事業実施
  • 交付予約数量
    前年度(260トン)と比べて5トン減の255トン
  • 補給金の交付
    補給金の交付額は、現在集計中

⑤ 加工・業務用野菜生産基盤強化支援事業(国庫事業)
(独法)農畜産業振興機構が実施する「加工・業務用野菜生産基盤強化支援事業」を行う団体等の事務支援
平成29年度は、1団体で実施(H28及びH29採択分)

(参考)野菜等の作柄並びに市況等

(1) 野菜

①春野菜

 気温は、3月は低く、4月・5月はかなり高めに推移した。また、降水量は5月はかなり少なかったが3月・4月は平年並となった。その後は、前年より3日遅れの6月7日に梅雨入りしたものの中旬までは晴れの日が多く、6月の日照時間としてはかなり多かったが、気温は低かった。
 春野菜の出荷状況については、出荷量は、4月以降連続して前年をやや下回った上、総じて単価安の傾向が続き、出荷額も前年を下回った。
 ブランド京野菜を中心とした伝統野菜の出荷量は、5月以降、壬生菜、京たけのこ、賀茂なすが減少したほかは、九条ねぎ、万願寺とうがらし、花菜などが大幅に増加した。
一方単価は5月の京たけのこ、賀茂なすが高かった他は総じて低めとなり、出荷額としては前年度を下回る結果となった。

②夏野菜

 7月・8月にかけて気温は高めに推移したが9月はやや低めとなった。7月19日に梅雨明けしたが降水量は多めに推移した。また8月の台風5号、9月の台風18号の接近の影響で、府内全域で大雨となり、特に台風18号では農地の冠水やハウス倒壊の被害が発生した。
 野菜の出荷量は、7月はやや多かったが、8月・9月は前年を下回った。出荷額については、8月を除き単価安となり前年を下回った。
 ブランド京野菜を中心とした伝統野菜の出荷量は、7月と9月は増加し、特に九条ねぎ、堀川ごぼうの増加が目立ったが、出荷額についてはほぼ前年並みとなった。

③秋冬野菜

 10月の気温は平年並となったが、以後2月まで低温傾向が続き野菜類の生長に大きな影響を及ぼした。さらに、10月の台風21号、22号の影響で冠水やハウスの倒壊など大きな被害も発生した。加えて1月後半から2月にかけては北部を中心に大雪となり、パイプハウスの倒壊なども発生した。
 野菜の出荷量は、9月・10月はほぼ平年並となったが、台風や低温による傷みや成長不良などもあって、11月以降は前年を大きく下回った。出荷額は、出荷量が大きく減少した11月以降はこの反動で大幅な単価高となり、おおむね前年を上回る結果となった。3月は一転して気温も高くなり野菜の生育も一気に進み、出荷量が増えたことから単価はやや低くなったが、出荷額は前年を上回った。
 ブランド京野菜を中心とした伝統野菜の出荷量は、10月に前年を上回った以外はほとんどの品目で前年を大きく下回った。そんな中でも聖護院かぶについては1月以降出荷量を伸ばした。出荷額は、11月以降単価高となったものの出荷量の減少が大きく、前年を上回ることはなかった。3月は気温の上昇とともに出荷量も回復し前年を上回ったが、その分単価は低く出荷額としては前年並みとなった。

(2) 花き(コギク)

 府の北部、中部、南部それぞれに産地があるコギクは、地域によって生育・開花状況にバラツキがあったものの、保証対象となった産地は7産地中1産地のみであった。
 北部地域では、昨年の豪雪の影響もあって定植本数が減少した。また、7月下旬の降雨と日照時間の減少により株が弱った上、その後の高温により開花のピークが例年に比べて1週間程度ずれ込んだ。さらに、8月上旬の台風5号の影響で大雨となり一部地域では圃場の冠水が見られ、出荷できない株も発生した。中部地域では、梅雨明け前後の高温により樹勢の衰弱が見られ、例年に比べ出荷量が減少した。南部地域では、害虫被害が発生したことや、6月の低温により盆用コギクの開花が遅れた。
 一方で、需要期に出荷できたコギクの価格が高騰したことから、平均価格は安定していた。

(3) 豆類(黒大豆、小豆)

 黒大豆は、6月中下旬に移植が出来た圃場では活着は良好で、さらに夏季の高温と適度な降雨により生育が促進された。開花期後も圃場は湿潤で落花、落莢も少なく莢数は多かった。その後一部の圃場では台風による倒伏等の被害も発生したが、最終的には前年を5割程度上回り2L率も高かった。また、価格については、秀2Lが2,500円/kgで前年と同額となった。
 小豆は、播種期の7月後半に適度な降雨があり斉一に発芽し、初期生育も順調であった。その後8月下旬から9月上旬は小雨となり開花期前後の成長が抑制され、莢数は少なくなった。さらに、10月下旬の成熟期直前に台風21号、22号による強風と大雨で倒伏や冠水被害に見舞われ、収穫の遅れや収穫できない圃場も発生したが生産者の努力もあり、ほぼ平年並の収量となった。対前年比のみで見ると、前年度の減収が大きかったこともあり、6割程度の増収となった。なお、価格については、前年と同じく秀2Lが1,700円/kgとなった。